口と足で描く芸術家たち

私の生活に欠かせない“付箋”

ちょっとしたメモや伝言を書いたり、やることやスケジュールを見やすくしたり、
目印や項目を並べ替えるのに使ったり・・・と大活躍の付箋なのですが、
P2160991 201502モニプラ付箋 その中でとても可愛らしい付箋をいただきました
P2160993 201502モニプラ付箋 P3141138 モニプラ付箋 
ふんわりとしていてなんだかあったかくて、心が癒されるこのイラスト・・・
実は、手で描いていないんです

答えは・・・口!
口に筆をとって水彩で描いたものなんです
P3141139 モニプラ付箋 この可愛らしいひつじや風船など
P3141140 モニプラ付箋 口で描いているんですよ〜!すごいっ

P2160995 201502モニプラ付箋 この可愛らしい付箋をくださったのは、
P2161000 201502モニプラ付箋 「口と足で描く芸術家協会」という協会で、
両手の自由を失った人たちが、「生きる勇気を得ること」「希望と自信を持つこと」
「生涯をかけての仕事をすること」「自身の働きにより一定の収入を得て自立すること」・・・
を目指して活動
されています

そうゆうことをされている協会や作家さんがいらっしゃるなんて
私は知りませんでした

このかわいらしいフラッグスティッカーは、黒木洋高さんという方が口で描いたもの
P2160990 201502モニプラ付箋 (価格 580円)
※台紙のサイズ:13.2×10.5㎝/メモ用付せん2種類×各20枚
 フィルム素材の6色付箋は、各20枚

黒木さんは21歳の時、交通事故で頚椎を損傷し、現在車いすの生活をおくられています。
「寝たきりになって未来は終わった・・・」と1度は諦らめていましたが、
事故のあと独学で水彩画、アクリル画、パソコン画を習得され、
協会や新しい仲間との出会いを経て、懸命に生き始めたそうです

すごい経緯と情熱が込められた作品なんだな〜と思いました

と同時に、付箋を見るたびに
私もこんな事でくじけてはいけない!仕事を頑張らなくては...と気合が入ります

黒木さんのように事故や病気で両手が使えず、口や足で絵を描がく作家さんの作品が
P2160996 201502モニプラ付箋 他にもまだたくさんあるとのこと。
P2160998 201502モニプラ付箋 P2161002 201502モニプラ付箋
P2161003 201502モニプラ付箋 P2161001 201502モニプラ付箋
P2161004 201502モニプラ付箋 P2161006 201502モニプラ付箋 
P2161005 201502モニプラ付箋 P2161007 201502モニプラ付箋
障害を持たれた方が、生きる勇気や希望、いきがい、自信を持つことができるし、
収益によって絵を描くための道具の購入や自立した生活をおくることができる・・・。
P2160999 201502モニプラ付箋 グッズの収益は、障がい者の生活費や奨学金
使われるので、購入者にとっても作家さんにとっても、お互いに良いことだなと思いました

P3141139 201502モニプラ付箋 早速使わせていただきました〜
口と足で描いた絵ファンサイト参加中
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

気まぐれちい

Author:気まぐれちい

新しいもの、おもしろいもの、美味しいもの…だ~い好き!
家にじっとしていられず、びくびくしながら一人旅もしちゃう
常にダイエットと闘いつつ、人生の小冒険を心がける女の子です

最新記事
カテゴリ
楽天でお買い物
楽天カードでポイント生活はじめよう!
Amazon商品一覧【新着順】
イベントを楽しもう!
旅に出よう!
お腹を満たそう
ドメイン登録、ドメイン取得なら1円からの【お名前.com】
FCカウンター
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR