ローマ散歩〜夕暮れ時のオススメローマ観光

ついこないだお正月を迎えたと思ったのに
あっと言う間にもう3月ですよ〜

今年に入って3ヶ月も経つというのに、まだどこへも行けていない・・・
あ〜んどこかへ出かけてたい!海外へ旅行に行きた〜〜〜い

というわけで、久しぶりに
行ったつもりになれる!ヨーロッパ鉄道旅行のお話の続きをしま〜す

前回は、ローマの噴水についてお話しました!
※カテゴリー:イタリアからもご覧いただけます

ローマは人気の観光地なので、、いつどこをどう歩いても楽しいのですが・・・
ジェラート食べ歩きは必須
CIMG9196 2011イタリア CIMG9194 2011イタリア
『L'orso Bianco』ここのジェラートはメチャうまですよ〜
CIMG9373 2011イタリア CIMG9372 2011イタリア
CIMG9383 2011イタリア ウィンドーショッピングも楽しい・・・
今回は・・・夕暮れから夜にかかる数十分しか見れないの
夕暮れローマを少しご紹介します

夕方5時も過ぎれば、観覧できるところも少なくなってきますが、
そのままホテルへ直行なんてもったいないっ!まだまだローマを満喫しましょう〜

夕暮れ時を歩くなら・・・
CIMG9405 2011イタリア オススメは「サンタンジェロ城」付近

なぜならば〜〜〜「サンタンジェロ城」はじめ
夕暮れ時の「サン・ピエトロ大聖堂」のライトアップがめっちゃ綺麗だから

CIMG9408 2011イタリア 「サンタンジェロ城」前の橋から撮影しております
奥に見えるの「サン・ピエトロ大聖堂」
CIMG9415 2011イタリア どんどん日が暮れて・・・
CIMG9416 2011イタリア 少しずつライトアップされていきます
CIMG9424 2011イタリア CIMG9421 2011イタリア 
CIMG9423 2011イタリア どんどん陽が暮れて、綺麗ですよね
CIMG9429 2011イタリア CIMG9431 2011イタリア
CIMG9432 2011イタリア 歩き疲れた足を休めつつ、
CIMG9439 2011イタリア しばし夕暮れタイムを楽しめます

CIMG9435 2011イタリア もちろんサンタンジェロ城のライトアップも素敵ですよ
CIMG9437 2011イタリア CIMG9438 2011イタリア
スポンサーサイト

ローマ散歩〜ちょいとマニアックな噴水巡り

ここまで、かなり有名どこの噴水をご紹介してきましたが
最後はすこ〜しマニアック?(気がつかないような?)噴水をご紹介します

「蜂の噴水」」「トリトーネの噴水」をめぐって更に東へ行くと、
サン・ベルナルド広場があります。

CIMG9298  2011モーゼの噴水 そこにあるこの立派な建物・・・
CIMG9295  2011モーゼの噴水 こちらも噴水なんです
CIMG9293  2011モーゼの噴水 「モーゼの噴水」
ライオンの口からピューっと水がでています

CIMG9292  2011モーゼの噴水 「モーゼの噴水」は、1580年代、
ローマ法王のシクトゥス5世が引かせた水道の湧き出し口に
初期バロッコの天才彫刻家・ドメニコ・フォンターナが制作した傑作とのこと

CIMG9288  2011モーゼの噴水 後ろにデーンといる大〜きなおじさま像は、
噴水の名前の由来にもなっている“モーゼ”
頭に角があります

CIMG9296  2011モーゼの噴水 モーゼの両サイドには、
水に関係している聖書のシーンが描かれているそうです。

お次は、スペイン階段の上にある「トリニタ・ディ・モンティ聖堂」と
「サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂」を結ぶ直線道路沿いにある噴水。

交差点の四隅に、変わった噴水があります。その名も「4つの噴水」
CIMG9460 20114つの噴水 CIMG9459 20114つの噴水
バロック好きには堪らない噴水とのこと
CIMG9458 20114つの噴水 CIMG9457 20114つの噴水
噴水っていうか、建物に彫刻があるって感じですが、よく見ると水がチョロっと出ています

4つの噴水は、4つの噴水は、最高の女神ジュノーと月の女神ディアナ、
男性像はナイル川の神とテヴェレ川の神を表していると言われているとのこと

よく見えない!もっとUPを見たい!水が見えない・・・など
みなさんのブーイングが聞こえてきそうですが
しかしながら、いずれも交通量も多い交差点なので、撮影も大変な感じなんです。

近づきすぎてもファインダーに収まらないし
少しでも後ろにひこうものなら、車がブー!
これ以上見たい場合は、実際に行ってみるときのお楽しみとしましょう

素晴らしい噴水が、街中にふつ〜にある水の宝庫ローマ

どこも歩いてまわれる距離なので、
みなさんも噴水めぐってお散歩してみては

ローマ散歩〜スペイン広場

ローマの噴水巡り・・・

噴水めぐり終盤は、だれもが訪れるであろう人気の観光スポット
イタリア共和国ローマ市の中心街にある
CIMG9369 2011スペイン坂 『スペイン広場』
映画『ローマの休日』で、オードリー・ヘプバーン扮する王女がジェラートを食べたシーンでもおなじみの場所です
ここがなんでスペイン広場かというと・・・近くにスペイン大使館があるからなんだって

※現在は保全のため、階段や広場での飲食は法律で禁じられているので
『ローマの休日』ようにジェラートを食べる事はできないのでご注意を!

CIMG9368 2011スペイン坂 お目当てはこの大階段ではなく、広場の中央にある船の形をした
CIMG94752  2011スペイン坂 「バルカッチャの泉」
ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ作

ご覧のとおり、スペイン広場へ日中行くと、ものっすごい人の数でびっくりします
CIMG9371 2011スペイン坂 な・・・なんじゃこりゃ〜とゆっくりできません

CIMG9472 2011スペイン坂 やはりオススメ時間帯は、人が少ない朝・・・
CIMG9476 2011スペイン坂 全然人がいません
トリニタ・デイ・モンティ階段:通称「スペイン階段」
CIMG9479 2011スペイン坂 スペイン広場を独り占めできます
CIMG9481 2011スペイン坂 CIMG9480 2011スペイン坂
上から見た景色も独り占め〜

ローマ散歩〜バロックの巨匠!ベルニーニの噴水めぐり

お次は・・・地下鉄バルベリーニ駅近くにある噴水

ここには、バロックの巨匠・ジャン・ロレンツォ・ベルニーニが、
ウルバヌス8世のためにつくった
CIMG9323 2011トリトーネの噴水 『トリトーネの噴水』(1643年作)があります
アンデルセンの 「即興詩人」 にも登場する有名な噴水

大きな貝殻の上でほら貝から水を噴いているのは、
ギリシャ神話のポセイドンの息子である、半人半魚の海神トリトーネだそうです

CIMG9325 2011トリトーネの噴水 貝殻を支えている4匹の魚は・・・
ちょっと強面の深海魚?・・・ではなく“イルカ”だそうです
こんな怖いイルカ初めて・・・

広いサイズの写真でかすかにわかりますが、
イルカの尾には、バルベリーニ家の紋章が刻まれた盾、教皇の冠、ペテロの象徴の鍵が施されているとのこと。
ベルニーニのパトロンだった教皇ウルバヌス8世が、バルベリーニ家出身だったからなんだって

パトロンか〜。私にも欲しいわ・・・

さらに北へ歩いていくと・・・
サン・ニコラ・ダ・トレンティーノ通りと交差するヴェネト通りを上がる入り口に
貝殻が目印の可愛らしい噴水があります
CIMG9327 2011蜂の噴水 『蜂の噴水』
CIMG9468 2011蜂の噴水 こちらもベルニーニの噴水。(1644年作)

貝殻でなぜ蜂・・・と思いきや、水の吹き出し口にいました

CIMG9326 2011蜂の噴水 代わりらしい3匹の蜂ちゃんが・・・

蜂は、バルベリーに家の“紋章”で、
バルベリーニ家出身の教皇ウルバヌス8世のために
作られたものだから蜂か刻まれているんだそうです

ちなみに『トリトーネの噴水』にも
小さな蜂がいるので、蜂探しをしてみてください

ベルニーニ作の噴水が、街中にふつ〜にあるローマ。
なんとも贅沢です

ローマ散歩〜おもしろ逸話!噴水めぐり(ナヴォーナ広場)

ローマの街を歩いていると、
あちらこちらに「噴水」を見かけます
街中には、2000以上もの噴水があるそうです

そんな街中の噴水を見て歩くのも楽しいものです

まず有名なのは・・・
CIMG9561 2011噴水 ナヴォーナ広場 ナヴォーナ広場にある3つの噴水

CIMG9564 2011ムーア人の噴水 広場の南側から「ムーア人の噴水」
CIMG9570 2011四大河の噴水 中央には・・・「四大河の噴水」
CIMG9571 2011 ネプチューンの噴水 北側・・・「ネプチューンの噴水」があります

この三つの噴水の中で一番有名なのが、
バロック彫刻の巨匠と言われるジャン・ロレンツォ・ベルニーニの最高傑作
CIMG9568 2011四大河の噴水 と言われる「四大河の噴水」。
これの何が四大河なのか?というと・・・

中央にそびえ立つオベリスクの周りにポーズを取っている4つの像

これらはそれぞれ、ナイル川、ガンジス川、ドナウ川、ラプラタ川
4つの大河の擬人像だから…なんだそうです

この噴水には面白い逸話もあって
CIMG9567 2011四大河の噴水・ラプラタ川 「ラプラタ川の擬人像」 

「わ〜ぁ!後ろにある教会(サンタニェーゼ聖堂)が崩れて落ちてくる〜!」
と慌ててのけぞるハゲおやじ

CIMG9570 四大河の噴水2011 これは、噴水の作者ベルニーニと
後ろに見える教会「サンタニェーゼ聖堂」の設計者ボッロミーニ(二人はライバル)
の不仲を揶揄した、ローマ人の作り話とも言われています

CIMG9569 2011四大河の噴水 ナイル川 「ナイル川の擬人像」
目隠しはナイル川の水源がわからないことを意味しているんだそうですが、
頭から布をかぶっているのは「後ろにあるボッロミーニが設計した教会が見るに堪えない」からという説も・・・

CIMG9565  2011四大河の噴水 ガンジス川 「ガンジス川の擬人像」
下に鎌首をもたげる蛇を櫂で従えています。ガンジス川=蛇というイメージ?

CIMG9566 2011四大河の噴水ドナウ川 「ドナウ川の擬人像」
力強いバロック彫刻。しばし眺めて癒されたいです

オベリスクは、西暦80年のローマの大火のあと、
ドミティアヌス帝(在位:81~96)時代に立てられたもの

エジプトのものではなく、ローマ時代のものなので、
象形文字が逆さまに彫られている…と言われています

そんな逸話を知って見るのと知らずに見るのとでは全然楽しさが違いますから、
知った上でじっくり観察・想像しましょう〜
プロフィール

気まぐれちい

Author:気まぐれちい

新しいもの、おもしろいもの、美味しいもの…だ~い好き!
家にじっとしていられず、びくびくしながら一人旅もしちゃう
常にダイエットと闘いつつ、人生の小冒険を心がける女の子です

最新記事
カテゴリ
楽天でお買い物
楽天カードでポイント生活はじめよう!
Amazon商品一覧【新着順】
イベントを楽しもう!
旅に出よう!
お腹を満たそう
ドメイン登録、ドメイン取得なら1円からの【お名前.com】
FCカウンター
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR